前へ
次へ

個性を活かせる教育環境を与える事が大切です

教育にとって新しい知識を得る事と覚える事はとても大切です。ただ、情報収集と暗記に加えて、考える力を身に着ける事も教育にとっては重要です。特に近年では考える力の重要性が注目されており、学校や書籍などを通じて得た知識をいかに実用的なスキルに昇華させるか、そういった事柄が重要視されています。いわゆる学校の入試や企業の就職活動においても、詰め込み式の知識を問う形式だけではなく、若者の独創性や創造性を問う形が増えてきました。オリジナリティが求められる問題は、自分自身で考える力が無ければ上手く回答出来ません。考える力を体得するためには、ある意味で既存の常識や情報に対して積極的に疑う姿勢が必要です。実際に歴史的な発見や発明をした偉人たちも、その当時の常識に対して疑う視点を持ち、柔軟な考え方を貫きました。既存の物事を疑う、要するに批判的な思考であるクリティカルシンキングは現代社会の教育において重要な要素です。ただ漠然と教科書や教師の伝える情報を鵜呑みにするのでなく自分自身で本当か計算してみたり、再現性はあるのか観察や実験を通す等、主体的な学びの姿勢が現代社会では大切です。クリティカルシンキングを持つ子供たちは、教育を施す保護者や教師の立場からすると、少しあまのじゃくに見えるかもしれません。歴史的な科学者や数学者もまた、かつては問題児扱いされたように、どうしても批判的な思考と創造性を持つ子供たちは教育者からすると扱いにくい面があるかもしれません。ひと昔前だと、いわゆる天才型の子どもたちは既存の教育に合わず、充分にそのポテンシャルを育てられませんでした。翻って近頃の社会では、天才型の子どもたちの個性を受け入れてくれる学習塾などが続々と登場しました。少し癖が強い子供たちの指導方法を知っている講師の方々なら、上手く天才型の子どもたちの学習を支援してくれるでしょう。一見するとあまのじゃくで不勉強に見える子どもたちこそ、高いポテンシャルを持っている可能性があり、個性を活かせる環境を与える事が保護者や教師にとって大事な仕事です。

マリッヂサポート

https://www.grandsougi.co.jp/index_shibuya-ku.html

意匠堂

札幌で始めるピラティス
スタジオをお探しならエンタメボディNにお越しください

有限会社くぼ写真製版所

Page Top